【スピードアップ】エックスサーバー『mod_pagespeed』の効果と設定方法

サイトの表示速度が遅いと閲覧者にストレスを与えてしまうだけでなく、Googleなどの検索エンジン検索順位にも影響します。

エックスサーバーには『mod_pagespeed』というスピードアップの機能があります。

今回は『mod_pagespeed』の効果や設定方法を紹介します。

mod_pagespeed とは

「mod_pagespeed」とはGoogleによって開発されたWebサイトの表示速度を向上させる拡張モジュールです。

あのグーグルがWebサイトの表示速度を改善するために開発した機能ですから、SEOに悪影響あるはずがありません。

mod_pagespeedの効果やメリット

mod_pagespeedを利用することにより以下の効果やメリットが見込めます。

  • CSSファイルやJavaScriptファイルなどの圧縮する
  • 最適な画像タイプへの変換をし軽量化してくれる
  • 同種のファイル(画像、CSS、JavaScriptなど)を一つにまとめてくれる
  • サーバーとクライアント間の無駄な通信(リクエスト)を削減してくれる
  • データ転送量を削減してくれる
  • CSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルのキャッシュ有効期間の延長を設定してくれる
  • 小さなファイルサイズのCSSやJavaScriptをHTML内に埋め込んでくれる

つまり、mod_pagespeedがこれらをしてくれるので、ページの表示速度を早くなるということです。

補足

「mod_pagespeed」を設定すると、最適化に伴うキャッシュ処理の影響によってCSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルの更新が反映されるまで時間がかかる場合があります。

これはすぐに効果を実感できないことがあるということです。設定前と設定後は1週ほど間隔をあけるとわかりやすいでしょう。

mod_pagespeedの使用料金

エックスサーバーの利用者は、追加料金なしのサーバー費用だけで使用することができます。

こんな便利な機能なのに追加料金がかからないならまずは試してみる価値ありますね。

初心者
とにかくmod_pagespeedは設定したほうが良いってことですね!

さっそくmod_pagespeedの設定方法を教えてください!

mod_pagespeedの設定方法

エックスサーバーの公式サイトを表示させます。

ログインをクリックして、エックスサーバーの管理画面「インフォパネル」にログインします。

xserver7

会員IDパスワードを入力しログインしてください。

xserver34

サーバーパネルにログインしてください。

mod_pagespeed1

mod_pagespeed設定」をクリックします。

mod_pagespeed2

対象のドメインの「選択する」をクリックします。

mod_pagespeed3

「mod_pagespeed」の設定画面で、「ONにする」をクリックします。

mod_pagespeed4

これでmod_pagespeedは設定できました。

初心者
えっ?ものすごく簡単じゃないですか!ビックリです!

あっという間ですね。

藤本陽介
とても簡単ですよね。エックスサーバーならこのmod_pagespeedモジュールが使えますから、設定してみてください。

設定後はページの表示速度を計測してみましょう。

サイトの表示スピードの計測

gtmetrix

GTmetrixについてはこちらで詳しく解説しています。

無料で使えるツール 『GTmetrix』でWordPressサイトをスピードアップする方法

2016.10.23

GTmetrixでページスピードを計測してみました。

mod_pagespeedの設定前のスピード計測結果

latest-performance-report-for-https-fujimotoyousuke-com-gtmetrix

パフォーマンスはDランクで、ページの表示速度は7.1秒でした。5秒を超えたら何かしら対策がした方が言われているのに、7.1秒はちょっと遅すぎですね。

 

mod_pagespeedの設定後のスピード計測結果

latest-performance-report-for-https-fujimotoyousuke-comrge-gtmetrix

ページのパフォーマンスがDランクからBランクまで改善しました。7.1秒かかっていた表示速度が4.1秒になりました。リクエストも125から120と少し減少していますね。

つまりページの表示スピードが改善されたということです。

エックスーサーバーで初心者でも簡単に設定できてしまう「mod_pagespeed」の拡張モジュールのおかげで、こんなに改善できるのであれば、ぜひみなさん一度挑戦してみましょう。

注意

mod_pagespeedを設定(ON)にしたら、ページの表示速度だけでなく、サイトが崩れていないか、PCサイトやスマホサイトをチェックしてみてください。稀にCSSファイルを圧縮することで、表示が崩れてしまうという報告があります。

もし表示が崩れたり不都合なことがあったら、mod_pagespeedを設定解除(OFF)にすればいいだけです。

エックスサーバーでスピードアップ

いかがでしょうか?

エックスサーバー利用者ならぜひ設定しておきたいですね。

サイトの表示速度は定期的にチェックしてスピードアップできるようにしていきましょう。

mod_pagespeedの設定はスピードアップ対策のひとつに過ぎません。

WordPressにはスピードアップに関するプラグインも多くあります。

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方|サイト表示速度スピードアップのWordPressプラグイン

2016.10.24

Autoptimizeの設定方法と使い方|HTML、CSS、JavaScriptを縮小して高速化できるWordPressプラグイン

2016.10.26

こちらでもWordPressのスピードアップについて紹介していますので、チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です