IPv6対応の業界最安級の光回線がおすすめのあなたに

あなたにはおてがる光をおすすめします。

いま光回線選びで重要なのは、次世代の通信方式のIPv6に対応していることです。

IPv6に対応していると、ネットが混雑しそうな時間帯に、混雑を回避して通信環境が安定します。

つまりIPv6は、光回線選びで、いまマストでチェックすべき項目です。

最近の光回線は、このIPv6が契約できることが多くなってきていますが、おてがる光は月額150円(税込165円)でIPv6が契約できます。

つまりピーク時の通信遅延などを発生させないといったメリットがあるにもかかわらず、月額3430円(税込3773円)と業界最安級で契約できます。

おてがる光を知らない人は多い

おてがる光は、2019年に誕生した比較的新しい光回線サービスなのですが、

実は、ふじもんがYouTubeで紹介したところ、申し込みが殺到しました。

通常、他の光回線は2年契約や3年契約なのですが、おてがる光には契約の縛りがありません。

こういった契約期間の縛りが無い光回線は、ぷらら光、enひかり、BBエキサイト光FIT、などどんどん誕生していますが、業界最安値なのはおてがる光なので、もっと話題になっても良いと思います。

おてがる光の評判はすごく良い

おてがる光の口コミや評判は、かなり良いです。

悪い評判はあまり聞きません。

というのも、わたしも実際に契約しておてがる光を使っています。

実際に詳しく『契約の縛りがない注目の光回線のおてがる光のメリットとデメリット』で解説しているので参考にしてください。

実は、当初おてがる光には、いろいろ不満もありました。

といっても、おてがる光に対しての不満ではなく、工事スタッフ(NTTの下請け企業)が、開通工事の予定時刻に遅刻してきたんです。

それぐらいしか不満はありませんでした。

月額料金は業界最安級だし、光コラボ回線でIPv6もオプション対応しているし、なによりも私が使っていて、通信速度も快適ですし、不満はまったくありません。

ドコモ光やソフトバンク光との違いとは

おてがる光は、NTTフレッツ回線を使っている光コラボ回線です。

ドコモ光やソフトバンク光とかも、実はNTTフレッツ回線を使った光回線なんです。

だから、ほとんど一緒なんですよ!

そして、基本的にNTTフレッツ回線が引けなければ、光回線の契約はむずかしいと考えてOKです。

ちなみにNTTフレッツ回線の人口カバー率は95%程度と言われています。

ですから、NTTフレッツ回線を使えない人も20人に1人はいるのが現状です。

つまり、おてがる光が引けないのであれば、光回線はあきらめた方が良いと言っても間違っていません。

他の光回線は、キャッシュバックが〇万円!というように、高額なキャッシュバックでPRしていますが、これってあまり好きではないんですよね。

おてがる光はそういった高額なキャッシュバックがないというのも、個人的には評価しています。

おてがる光をおトクに契約できる

嬉しいお知らせです!!

おてがる光とふじもんのシークレットコラボがあって、おてがる光をどこよりもお得に契約できます。

くわしくはふじもんコラボページをチェックしてください。

公式サイトで申し込むより、おトクに契約できます。

これを使わない手はないです!

おてがる光は、契約期間のしばりがありません。

さらに、契約の縛りが無いのに、業界最安値ってすごいです。

おてがる光のメリットとデメリットを簡単にまとめると

メリット
デメリット
  • IPv6に対応している
  • 業界最安値
  • 契約のしばりが無い
  • 高額キャッシュバックがない

おてがる光の工事がどのくらいかかるかは、申し込んでからでないと、予約状況はわからないので、まずは申し込みをすることをおすすめします。

もし気が変わったら、工事前にキャンセルすれば、料金はかかりませんので、安心して申し込んでください。

コラボ企画開催中