WiMAXの『ギガ放題』最安のプロバイダ比較ランキング

WiMAX2+の『ギガ放題』とは

WiMAXを契約する人の90%以上が『ギガ放題』プランです。

ギガ放題プランは、どこのプロバイダでも通信制限や通信品質は一緒なので、できるだけ安いプロバイダで契約するのがおすすめです。

このページでは、ギガ放題3年契約プランの最安値が、どのプロバイダなのか比較してランキング形式でまとめました。

(2018年9月更新)

WiMAXのギガ放題とは

ギガ放題

実質速度制限がないプラン

速度制限

ギガ放題とは、実質速度制限のない、使いたい放題のプランです。

プラン通信制限制限時の
通信速度
通常プラン1ヶ月間7GB128Kbps
ギガ放題プラン3日間10GB1Mbps

通常プランが通信制限になってしまった場合、128Kbpsとはかなり遅く、動画はほぼ観れないレベルです。

それに対し、ギガ放題が通信制限になってしまっても、1Mbps出ます。

1MbpsはYouTubeなどの動画をストレスなくサクサク観れるレベルです。

つまり3日間で10GBの制限があるといっても、実質的に普通にネット接続は制限がないといって良いと判断しています。

プロバイダによって通信速度に変わりはない

ギガ放題プランといっても、プロバイダ毎に通信速度に違いがあるのではと心配する人もいるかもしれません。

ギガ放題プランは、どのプロバイダでも通信速度は一緒です。

そして通信制限もまったく一緒です。

WiMAXというサービスは、KDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているもので、プロバイダがそれぞれ独自のインフラを利用しているのではありません。

UQコミュニケーションズのWiMAXで申し込んでも、プロバイダ経由で申し込んでも、通信の品質はまったく一緒です。

つまりギガ放題を最も安く契約できるところが、もっとも賢い契約方法ということになります。

ギガ放題の料金やキャンペーンはプロバイダ次第

ギガ放題でも、キャッシュバックがあるプロバイダだったり、月額料金が違うので、これから申し込もうと思っている人にとっては混乱します。

さらにプロバイダでも、キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック金額は、コロコロ変わっているようです。(参考例:GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの履歴

すべてプロバイダで共通しているのは、2年契約だとLTEオプションが有料(毎月約1000円前後)になるところ、3年契約だとLTEオプションが無料になるぐらいです。

ギガ放題プランで気にするべきポイントは、『月額料金』と『キャッシュバック金額』です。

ギガ放題の最安プロバイダ比較ランキング

プロバイダ
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円
キャッシュバック40,900円30,000円30,000円なし10,000円
(最新機種なし)
お試し期間3,609円
(3ヶ月)
980円
(2ヶ月)
3,695円
(2ヶ月)
2,726円
(3ヶ月)
3,696円
月額料金
(24ヶ月まで)
4,263円4,250円4,380円3,411円4,380円
月額料金
(36ヶ月まで)
4,263円4,250円4,380円4,011円4,380円
トータル料金
(3年計)
113,606円119,660円129,310円130,941円148,628円
キャッシュバックを
受け取れなっか場合
154,506円149,660円159,310円130,941円158,628円

キャッシュバックを使えば、GMOとくとくBBが最も安い申し込み方法になります。

ただGMOとくとくBBのキャッシュバックは手続きがめんどくさく、契約後11ヶ月後に口座を登録しなければならないという難点があり、キャッシュバックをもらえなかった人が多発しています。

もしGMOとくとくBBでキャッシュバックをもらえなかったら割高になってしまいます。

今回の『ギガ放題』の比較ランキングでは、キャッシュバックを使った場合のおすすめをランキング形式で紹介します。

1位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、キャッシュバックが魅力のプロバイダで、しっかりキャッシュバックの手続きをすれば、最新のWiMAX端末を最も安く契約できます。

ギガ放題3年契約プランをシミュレーションすると、トータル113,606円で契約できます。

ただしキャッシュバックの受取条件が契約後11ヶ月後にGMOからのメールで手続きしなければもらえません。キャッシュバックを受け取れなかった人が多発しています。

キャッシュバックを受け取れないと、トータル154,506円とかなり高いので注意しましょう。

2位 So-net

So-netは、キャッシュバック金額も高額なのに、GMOとくとくBBと違って、契約後にすぐに管理画面上でキャッシュバックの手続きができるので、モレることが少ないです。

またSo-netは老舗のインターネットプロバイダだけあって、サポート体制の評判も良く、安心して契約できるでしょう。

ギガ放題3年契約プランをシミュレーションすると、トータル119,660円で契約できます。

月額料金980円というのは、2ヶ月のみでしかも別途200円かかるので1,180円です。それ以降は4,250円とそんなに安くありません。

3位 BIGLOBE

BIGLOBEはクレジット払いの場合は、キャッシュバックが最大30,000円で、口座振替の場合は最大20,000円です。

そう、BIGLOBEを選ぶ理由はクレジットカードではなく口座振替で支払いたい人におすすめです。

口座振替の場合は、キャッシュバックが20,000円になるのと、口座引落手数料が毎月200円かかります。

口座振替でギガ放題3年契約プランをシミュレーションするとトータル146,510円で、クレジット払いだと129,310円で契約できます。

どうしても口座振替じゃないと嫌な人は、BIGLOBEがおすすめですがクレジット払いと比較すると差はあります。

4位 BroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAXは、キャッシュバックが一切ありませんが、月額料金が最安値のプロバイダです。

料金プランがわかりやすいので一番人気のプロバイダです。

ギガ放題3年契約プランをシミュレーションすると、キャッシュバックがなくてもトータル130,941円で契約できます。

長く使えば使うほど、他より安くなるというのも良いですし、WiMAX端末を最短当日で受け取れる『店舗受取サービス』があったり、WiMAXに不満を感じたら他サービスに乗り換え可能な『ご満足保証サービス』もあって、本当に安心して申し込めるプロバイダです。

わたしがイチオシするのがこのBroadWiMAXです。

5位 UQコミュニケーションズ

UQコミュニケーションズは、WiMAXの回線を管理している移動通信事業者で、WiMAXの販売元です。

直接販売にも関わらず一番安いというわけではない理由は、他プロバイダに拡販してもらいたいためです。

UQコミュニケーションズは、高額なキャッシュバックはせず、月額料金の割引もありません。

キャッシュバックといってもJCBギフトカードで、しかも最新のWiMAX機種ではキャッシュバックはありません。

UQコミュニケーションズで最新機種のギガ放題3年契約プランをシミュレーションすると、トータル158,628円で契約できます。

販売元といっても他プロバイダに比べ通信回線が良いということはないので、UQコミュニケーションズで契約するメリットはありません。

まとめ

WiMAXのギガ放題プランで最安なのは、GMOとくとくBBです。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取りには、11ヶ月後の手続きが必須です。

キャッシュバックを受け取れないと逆にトータルコストは、154,506円とかなり高くなります。

キャッシュバックを考えず、単純に月額料金が最安なのはBroadWiMAXです。

WiMAXはどのプロバイダで契約しても、通信品質や通信制限は変わりませんので、値段が安いところで契約するのが賢い契約方法です。

これらのことから、現在ギガ放題プランでおすすめのプロバイダはこの2つです。

おすすめWiMAXプロバイダ
ギガ放題3年でキャッシュバックで最安値
GMOとくとくBB
ギガ放題3年で月額料金が実質最安値:
BroadWiMAX
WiMAXを契約するなら、わたしだったらプロバイダは月額料金が最も安いBroadWiMAXをおすすめします。

プロバイダ11社の徹底比較

WiMAX2⁺のギガ放題を契約を検討している人の参考になれば幸いです。

わたしのおすすめ
機種を迷っている人は要チェック:WiMAXの機種診断

すぐに使いたい人は店頭受取:即日開通

キャッシュバックで迷っている人は要チェック:キャッシュバックに騙されるな

他社WiMAXから乗り換えを検討:違約金負担で実質無料

WiMAX2+の『ギガ放題』とは

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です