WiMAXで口座振替(自動引き落とし)が可能なプロバイダ比較【2018年5月更新】

WiMAXで口座振替(自動引き落とし)が可能なプロバイダ比較

WiMAXの月額料金を、口座振替(自動引き落とし)できるプロバイダは、多くありません。

わたしが調べた限り、BIGLOBEとBroadWiMAXとUQコミュニケーションズだけです。

それぞれの支払総額やキャンペンの違いなど比較しまとめました。

WiMAXの月額料金を自動引き落としにする

WiMAXの口座振替に必要な書類

口座振替に必要な書類
本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

WiMAXの月額料金を口座振替する場合は、本人確認書類を提出しなければなりません。

本人確認書類として、有効なのは上記で紹介した運転免許証やパスポートや住民基本台帳カードなどです。

注意すべきは写真つきの本人確認書類が必要ということと、現住所と本人確認書類の住所が一致しているということです。

WiMAXの口座振替に使える銀行

取り扱い銀行一覧

WiMAXの口座振替に使える銀行は、都市銀行や地方銀行はもちろん、ゆうちょ銀行や信用金庫など、基本的には全国の金融機関が利用できます。

気になる人は、こちらで確認ください。

口座振替に使える銀行一覧

WiMAXで口座振替できるプロバイダ比較

WiMAXの月額利用料金は、基本的にクレジットカードでの支払いが主流です。

プロバイダクレジットカード口座振替
BIGLOBE
BroadWiMAX
UQコミュニケーションズ
GMOとくとくBB×
So-net×
でもどうしてもクレジットカードで支払いたくない人はいますよね。

クレジットカードを持っていない人とか…

わたしが調べたところによれば、2018年4月現在で、口座振替に対応しているプロバイダは以下です。

プロバイダBIGLOBEBroadWiMAXUQコミュニケーションズ
キャッシュバック20,000円
※クレジット払いの場合は30,000円
なし商品券10,000円分
※最新機種はなし
初期費用なし18,857円
※クレジット払いの場合は0円
なし
事務手数料3,000円3,000円3,000円
月額料金
(キャンペーン)
3,695円+200円
(1~2ヶ月)
2,726円+200円
(1~3ヶ月)
3,696円
(1~2ヶ月)
月額料金
(24ヶ月目まで)
4,380円+200円3,411円+200円4,380円
月額料金
(25ヶ月目以降)
4,380円+200円4,011円+200円4,380円
3年支払総額146,510円156,998円158,628円

口座振替の場合、口座振替手数料が毎月200円かかってしまいます。

ただし例外としてUQコミュニケーションズでは、振替手数料の無料キャンペーンを実施しています。

ギガ放題3年契約プランを、支払方法をクレジットカードではなく、口座振替でシミュレーションしました。

最も安かったのは、BIGLOBEでした。

BroadWiMAXはクレジットカード払いだと初期費用の18,857円が0円になるのですが、口座振替だとこれが影響しますね。

口座振替ならビックローブが最安値

BIGLOBEはクレジット払いの場合は、キャッシュバックが最大30,000円で、口座振替の場合は最大20,000円です。

BIGLOBEを選ぶ理由はクレジットカードではなく口座振替で支払いたい人におすすめです。

口座振替の場合は、キャッシュバックが30,000円ではなく、20,000円になってしまうことと、口座引落手数料が毎月200円かかるということを確認してください。

口座振替でギガ放題3年契約プランをシミュレーションするとトータル146,510円です。

クレジット払いだと129,310円で契約できます。

どうしても口座振替じゃないと嫌な人は、BIGLOBEがおすすめですが、クレジット払いと比較すると差はありますので、注意してください。

長期利用ならBroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAXは、キャッシュバックが一切ありませんが、月額料金が最安値のプロバイダです。

料金プランがわかりやすいので一番人気のプロバイダです。

ただクレジット払いなら初期費用が0円ですが、口座振替だと18,857円かかってしまうのがツライですね。

口座振替でギガ放題3年契約プランをシミュレーションするとトータル156,998円です。

クレジット払いだと130,941円で契約できます。

口座振替にどうしてもこだわるなら、しょうがないですが。

できればクレジット払いをおすすめしたいところです。

口座振替手数料を気にするならUQコミュニケーションズ

UQコミュニケーションズは、キャッシュバックといってもJCBギフトカードが10,000円分で、しかも最新のWiMAX機種はありません。

UQコミュニケーションズは、唯一口座手数料が0円というのが魅力です。

3年間(36ヶ月)、毎月口座振替手数料は200円かかると、トータルで7,200円になります。

UQコミュニケーションズで最新機種のギガ放題3年契約プランをシミュレーションすると、トータル158,628円で契約できます。

口座手数料が0円になるといっても、ちょっと高いのが気になりますので、注意してください。

WiMAXを口座振替する3つのデメリット

口座振替にすることで、わたしが感じた3つのデメリットをまとめました。

キャンペーン適用がなくなり高くなる

口座振替にする最も影響が大きいデメリットは、キャンペーン適用がなくなり、キャッシュバックや初期費用の特典が受けられなくなることです。

BIGLOBEだと、クレジット払いと口座振替の金額差は、17,200円にもなります。

BroadWiMAXだと、クレジット払いと口座振替の金額差は、26,057円にもなります。

キャンペーンの適用がなくなるとかなり影響が大きいですね。

もしクレジットカード払いにすることができるのであれば、ぜひとも検討した方が良いと思います。

使えるまで時間がかかる

また口座振替にすることで、WiMAXを使うまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

審査には1週間ほどかかり、それからWiMAX端末が郵送されるので、少しでも早く使い人にとってはツライところです。

口座振替手数料がもったいない

口座振替にすると、口座振替手数料が毎月200円かかってしまうのもデメリットです。

※UQコミュニケーションズは口座振替手数料無料キャンペーンを実施中

毎月200円ということは、1年間で2,400円、3年間で7,200円も無駄になります。

まとめ

WiMAXを契約する際に、口座振替できるプロバイダで選ぶならBIGLOBEがおすすめです。

ただわたしだったら、口座振替はデメリットが大きいので、クレジット払いにして、BroadWiMAXで契約しますね。

WiMAXを契約する人のほとんどがクレジット払いだそうですが、数%の人が口座振替をつかっているそうです。

正直、口座振替にするメリットはまったく無く、デメリットだらけです。

WiMAXのギガ放題プランは、どのプロバイダで契約しても、回線の品質は変わりありません。

だから料金を抑える方法で契約するのが賢いと思います。

おすすめWiMAXプロバイダ
口座振替で最安値:
BIGLOBE
クレジット払いで最安値:
BroadWiMAX

これからWiMAX2+を契約しようと思っている人の参考になれば幸いです。

WiMAXで口座振替(自動引き落とし)が可能なプロバイダ比較

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です