【比較】WiMAXのホームルーターとモバイルルーターどっちが良い?

WiMAXのホームルーターとモバイルルーターの比較まとめ

WiMAXの端末を選ぶ時に、自宅に固定設置する『ホームルーター』と、持ち運びできる『モバイルルーター』で迷ったことはありませんか?

わたしは、まったくわからなかったので、ヨドバシカメラとケーズデンキに行って、確認しました。

今回は、その時に聞いた『ホームルーターとモバイルルーターの比較』をまとめました。

WiMAX2+のホームルーターとモバイルルーターの比較

種類ホームルーターモバイルルーターモバイルルーター
端末種類L01sW05WX04
イメージ
メーカーファーウェイファーウェイNEC
使用場所主に自宅どこでもどこでも
電波出力範囲50メートル前後20メートル前後20メートル前後
同時接続可能数40台10台10台
月額料金3,411円3,411円3,411円
通信速度
(下り最大)
440Mbps708Mbps440Mbps
端末重量450g131g128g

WiMAX2+のホームルーターとモバイルルーターの比較を一覧にしました。

ホームルーターで最も人気なのが『L01s』です。

モバイルルーターで人気を分かち合っているのが『W05』と『WX04』です。

ホームルーターは、主に自宅でWiFi環境を使いたい人におすすめです。

モバイルルーターは、自宅だけでなく外出先など、どこでもWiFi環境を使いたい人におすすめです。

ホームルーターとモバイルルーターの特徴を、比較してまとめました。

月額料金はまったく一緒

月額料金はホームルーターでも、モバイルルーターでも、変わりません。

月額3,411円というのはBroadWiMAXのギガ放題プランですが、『L01s』『W05』『WX04』すべて同じ金額です。

プロバイダによって月額利用料金は変わりますが、ホームルーターが安くて、モバイルルーターが安いということはありません。

だから、自分の使用用途にあっているルーターを選ぶべきです。

キャッシュバックはプロバイダによって違う

キャッシュバックは、プロバイダによって様々ですが、ホームルーターとかモバイルルーターという区分けではなく、端末ごとにキャッシュバック金額が違っていました。

キャッシュバック金額 2018年4月
GMOとくとくBB
L01s 36,200円
W05 40,900円
WX04 40,900円

ヨドバシカメラ
L01s 20,000円
W05 0円
WX04 5,000円

非店舗型のプロバイダでキャッシュバックが人気のGMOとくとくBBでは、モバイルルーターの『W05』『WX04』の方がキャッシュバック金額が高かったです。

店舗型のプロバイダのヨドバシカメラでは、ホームルーターの『L01s』の方がキャッシュバック金額が高かったです。

キャッシュバックは時期やキャンペーンによって変わるので、随時チェックした方が良いですね。

キャッシュバック金額は、ホームルーターとモバイルルーターという区分けはあまり関係なく、端末ごとに設定されています。

一軒家で使うならホームルーターがおすすめ

一軒家などの階をまたいだ使い方をするなら、ホームルーターの『L01s』を選んだ方が良いかもしれません。

理由は、WiFiの電波は壁などに弱く、特に階をまたぐとなると電波出力が高いものにした方が良いからです。

種類ホームルーターモバイルルーターモバイルルーター
端末種類L01sW05WX04
イメージ
メーカーファーウェイファーウェイNEC
端末重量450g131g128g
使用場所主に自宅どこでもどこでも
電波出力範囲50メートル前後20メートル前後20メートル前後

ホームルーターとモバイルルーターの電波出力範囲は、かなり違います。

自宅でWiMAXを使っても大丈夫なのか?

参考までにWX04をクレードルに差すと、ハイパフォーマンスモードとなり、通常より性能が20%上がります。

それでもL01sの方が電波出力範囲は広いので、参考にしてください。

同時接続可能数で選ぶならホームルーターがおすすめ

WiMAXのホームルーター『L01s』の同時接続可能数は40台です。

それに対し、モバイルルーター『W05』『WX04』は10台です。

同時接続可能数が10台を超えるなら、ホームルーターを選んだ方が良いですね。

ただ同時接続台数が10台を超えることって、あまりないと思います。わたしはノートパソコンとスマホの2台を同時にWiFiにつなぐぐらいです。

同時接続台数が10台を超えるのは、例えば法人がオフィスで利用しているケースとかなのでしょうか?

同時接続可能台数で選ぶなら、ホームルーターの方が良いですが、その分通信速度も落ちるので、NURO光などの固定回線を検討した方が良いかもしれませんね。

外出先でも使う可能性があるならモバイルルーターがおすすめ

ホームルーターは電源があるところでないと使えないです。『L01s』は、持ち運びする設計ではありません。

だから主に自宅用としてしか使えません。

モバイルルーターは、名刺サイズくらいのコンパクトサイズです。どこでも持ち運ぶことができるのがとても便利です。

モバイルルーターはバッテリー結構もちます。『W05』なら9時間、『WX04』なら12時間ももちます。

スターバックスやマクドナルドなど、フリーWiFiが用意されているところは、WiFi回線が混雑していると、まったく使いものになりません。

でもWiMAXのモバイルルーターがあれば、どこでもサクサクなネット接続ができます。

本当にとても便利です。

外出先でもインターネット環境を使う予定があるなら、絶対にモバイルルーターがおすすめです。

通信速度は実際は変わらない

通信速度は、実質変わらないと考えて問題ありません。

理由は、理論値はあくまでも理論値で、実測値ではないからです。

上の比較表のように、モバイルルーターの『W05』は最大で708Mbpsですが、実測で200Mbpsを超えたデータを取得できたことは一度もありません。

通信速度は、WiMAXの端末よりも、天候やアンテナの状況など、外部要因の影響の方が大きいです。

UQコミュニケーションズの担当者さんにも聞きましたが、理論値は違うけど実感するレベルでは、ホームルーターでもモバイルルーターでも、通信速度は変わらないと思って飲んだいないとのことです。

むしろ、WiMAXの下り速度で100Mbpsが出れば相当良い方だということです。

これまでわたしも東京都内でいろいろ計測しましたが、200Mbpsを超えたことは一度もありません。

自宅でもモバイルルーターで充分

自宅で使うなら、ホームルーターの方が良いようにも思いますが、そんなことないと思います。

自宅での利用でも、モバイルルーターで充分だと思います。

専用のクレードルに設置すればハイパフォーマンスモードに切り替わりますし、サクサクで快適なネット接続ができます。

正直、自宅でのネット接続がメインで考えている人でも、ホームルーターではなく、モバイルルーターで十分だとわたしは思います。

わたしはモバイルルーターをおすすめします

ホームルーターとモバイルルーターをいろいろな項目で比較しましたが、ホームルーターの方が勝っているのは、同時接続台数と電波出力範囲とわずかです。

だから結論的に、わたしはモバイルルーターをおすすめしたいです。

ホームルーターを選ぶべき人は、階をまたぐような広い一軒家に住んでいる人や、同時接続可能数が10台を超える可能性がある人です。

自宅で使うとしても、モバイルルーターで十分ですよ。

WiMAXを契約するなら、わたしだったらプロバイダはギガ放題で月額料金が最も安いBroadWiMAXをおすすめします。

モバイルルーターなら外出先でもサクサクのインターネット接続ができます。

どっちにしようか迷っている人は、モバイルルーターを選ぶことをおすすめします。

わたしのおすすめ
機種を迷っている人は要チェック:WiMAXの機種診断

すぐに使いたい人は店頭受取:即日開通

キャッシュバックで迷っている人は要チェック:キャッシュバックに騙されるな

他社WiMAXから乗り換えを検討:違約金負担で実質無料

WiMAXのホームルーターとモバイルルーターの比較まとめ

良かったらポチっとお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です