どんなときもWiFiのデメリットが12個もあったので解説します

どんなときもWiFiのデメリットが12個もあったので解説します

どんなときもWiFiを使って3ヶ月たちました。

どんなときもWiFiを使ってみてわかったことがたくさんあるので、デメリットを12個書き出してみます。

デメリットが明確になれば、安心して検討できますよね。

ということで、どんなときもWiFiのデメリットを知りたい人は、参考にしてください。

どんなときもWiFiのデメリット

契約期間が2年なので縛りがある

どんなもWiFiは、2年契約です。

サービス契約期間
どんなときもWiFi2年契約できる
WiMAX最新機種は3年契約しかできない
古い機種だと2年契約もできるが割高になるし、基本的に案内がない。

わたしが過去おすすめしていたWiMAXは、2019年8月時点では3年契約なので、WiMAXと比較するとどんなときもWiFiの2年契約は良い感じです。

でも最近は、契約期間の縛りが無いサービスもたくさんあります。

Noサービス月額料金速度制限通信回線解約条件
1WiMAX4380円3日間10GBWiMAX2⁺3年
2ポケットWiFi4380円3日間10GBSoftBank3年
3FUJI WiFi6000円なしSoftBankなし
4縛りなしWiFi3300円3日間10GBWiMAX2⁺なし
5NOZOMI WiFi4480円1日間10GBトリプルキャリアなし
6どんなときもWiFi3480円なしトリプルキャリア2年
7WiFi O4500円なしSoftBankなし
8モナWiFi5480円なしSoftBankなし
9ハッピーWiFi4480円なしSoftBankなし
補足
縛りなしWiFiは、端末が選べず中古の可能性があるので注意してください。

契約期間の縛りが無いサービスは、料金はちょっと割高になりますが、

やはり解約したい時に、解約違約金が気になって解約できないというのはイヤですよね。

どんなときもWiFiの最大のデメリットといっても良いポイントです。

クレジット支払いじゃないと安くない

クレジット支払い

どんなときもWiFiの支払方法は、クレジットカードか口座振替が選べます。

ただ月額3480円というのはクレジットカード支払いの人が対象です。

支払方法契約期間
クレジットカード3480円
口座振替3980円

口座振替だと、月額料金が3980円で、500円も高いです。

約4000円なので、どんなときもWiFiの月額料金が安いというメリットが、そこまで感じなくなってしまいます。

クレジットカードを持っていない人にとっては、デメリットと感じるポイントです。

5GHz帯が使えない

WiMAXは、2.4GHz帯と5GHz帯を切り替えて使うことができますが、どんなときもWiFiは5GHzは使えません。

2.4GHzのみです。

周波帯特徴
2.4GHz・障害物(壁)に強いが、他の電波と干渉しやすい。
・屋内屋外で使うことができる。
5GHz・障害物(壁)に弱いが、他の電波と干渉しにくい。
・屋外での使用は電波法に抵触する可能性があり、注意しなければならない。

基本的には、どっちが良いかといえば、5GHzの周波帯の方が速いです。

これについては、『2.4GHzと5GHzの違い』という記事や、以下の動画で解説しています。

通信速度でいえば、やっぱりWiMAXの方が、一歩上を言っている感じです。

ただ2.4GHzもそこまで遅いって感じではないですけどね。

細かい設定を使い分けている人は、あまりいないかもしれませんが、どんなときもWiFiが5GHzの周波帯を使えないというのは、デメリットと考えて良いと思います。

レンタルなので解約時に返却しないといけない

端末損害金

どんなときもWiFiは、解約時に端末を返却しないといけません。

返却時に、故障があれば、18000円も弁償代がかかります。

しかも、端末だけではなく、USBケーブル、取扱説明書、箱も返却しないとダメです。

普通、箱や取扱説明書なんて捨ててしまいますよね。

本体端末の返却が必要なのはわかりますが、取扱説明書や箱まで返却しないといけないのは、デメリットと考えて良いと思います。

バッテリーの持ちが悪い?

どんなときもWiFi バッテリー - Twitter検索

どんなときもWiFiのバッテリーの減りが早いというようなウワサがあるんですよね。

確かにバッテリーの減りは、早いかもな。と思いました。

ただわたしはモバイルバッテリーに繋ぎっぱなしなので、あまり不便を感じたことがないんですよね。

だから、どんなときもWiFiのバッテリーのスペックをチェックしてみたんですよ。

どんなときもWiFiバッテリー

連続使用可能時間は12時間で、バッテリー容量は3500mAhでした。

ちなみに、WiMAXのスペック表や端末の中を開けたらバッテリーに関する記載がありました。

バッテリーチェック

600分=10時間で、バッテリー容量は2890mAhでした。

え?

どんなときもWiFiの方がバッテリースペックが上じゃん…。

どんなときもWiFiのバッテリーの持ちが悪いというのは、ウワサレベルの話で、実際はそんなことありませんでした。

だからデメリットじゃないですね。

液晶表示がない

WiMAXとどんなときもWiFi

どんなときもWiFiには、液晶表示がありません。

だから確認できる情報量が少ないと感じる人もいると思います。

情報量が少ない
うーん。

どうでも良くないか?

どんなときもWiFiの端末に液晶表示がないことを残念に思う人はいるかもしれないので、そういう人にとってはデメリットですね。

でも、正直どっちでも良いと思っちゃうレベルなので、わたしはデメリットじゃないと思いました。

端末が熱くなりやすい

どんなときもWiFi 熱 - Twitter検索

どんなときもWiFiの端末が、熱くなりやすいというウワサがあります。

これは実際に、わたしも感じました。

どんなときもWiFiバッテリー熱

ポケットに入れていると、ホッカイロレベルでポカポカします。

うーん。

ヤケドするレベルじゃないでしょ?

どんなときもWiFiの端末に熱がこもりやすいことで、確かにバッテリーの劣化に繋がる可能性はあります。

確かに直射日光や、夏のクルマの中で保管すれば、パフォーマンスは下がる可能性があります。

でも、通常の外気に触れるところや40℃以下なら、あまり関係ないです。

ポケットに入れて熱くなるなら、ポケットに入れなければ良いことなので、わたしはデメリットじゃないと思いました。

海外でも使えてしまう

どんなときもWiFiは海外でも使えてしまいます。

空港で受け取れる

これまで海外でWiFiを使うなら『イモトのWiFi』を空港で借りていました。

» 参考:イモトのWiFiを香港・深セン・マカオで速度調査したレビュー

レビュー

イモトのWiFiを香港・深セン・マカオで使ってみました【通信速度の実測調査】

2018年7月1日

イモトのWiFiをレンタルするのはワクワクしますよね。

でもどんなときもWiFiがあれば、イモトのWiFiは、用なしになってしまいます。

空港でレンタルすると、飛行機に乗っている時間もレンタル対象になりますが、どんなときもWiFiは現地に行って、使いたい時だけスイッチを入れれば、その対象日付だけ1日あたり1280円で使えます。

海外利用どんなときもWiFi

海外で使えてしまうから、海外旅行に行きたくなってしまいますね。

本当に強引に、どんなときもWiFiのデメリットを書き出していますが、ちょっとムリがありますね。

データ制限と速度制限が無い

サービスデータ制限
どんなときもWiFiデータ制限なし
WiMAXギガ放題でも3日で10GBの制限がある
(※制限がかかると1Mbpsが上限になる)

どんなときもWiFiは、データは無制限で使えますし、どんなに使っても速度制限はありません。

どんなときもWiFiデータ制限

どんなときもWiFiだと、どんなに使っても制限がかからないので、YouTubeとかAmazonプライムビデオとか、制限なく観てしまいます…。

だから、ムダに見過ぎてしまう人が続出しそうですね。

そして長時間オンラインゲームもできてしまうし、子供にどんなときもWiFiを持たせたら大変なことになりそうです。

本当に強引に、どんなときもWiFiのデメリットを書き出していますが、これもムリがありますね。

地下でも繋がる

WiMAXは、全国人口カバー率98%の高速通信回線ですが、唯一の弱点が地下に弱いというところです。

どんなときもWiFiは、3キャリアの通信回線を使うので、地下も繋がる可能性があります。

地下でも使えるから、通勤中もYouTubeやAmazonプライムビデオなどを見放題ですね。

通勤中は、資格勉強とか読書をした方が良いのかもしれないですよね。

どんなときもWiFiのデメリットを書き出していますが、なんだかメリットを書いている感じになってしまいました。

地下でもこれだけ問題なく繋がってしまうとなると、ネットに常時接続できてしまう感じです。

人気が出すぎている

どんなときもWiFi【重要】

どんなときもWiFiは、2019年4月にはじまったレンタルWiFiサービスですが、人気が爆発的で、6月には在庫がなくなりました。

せっかくわたしがどんなときもWiFiのレビュー動画を公開したのですが、この直後に在庫切れを起こしたので、最悪のタイミングになってしまいました。

動画内でも解説していますが、契約条件や、実際の通信速度も、全く問題ないので、人気爆発するかもと言っていましたが、まさか本当に在庫切れになるとは思っていませんでした。

本当に欲しい時に、入手できなかったことを考えると、良いサービスとは言えないですね。

あと、これだけ利用者が増えると、料金改定で少し高くなってしまう可能性があるのではないかと心配しています。

そういった心配があるのもデメリットといえばデメリットですかね。

キャッシュバックが無い

WiMAXのプロバイダのGMOとくとくBBでは、キャッシュバックキャンペーンをしています。

GMOキャッシュバックキャンペーン201908

どんなときもWiFiは、キャッシュバックがありません。

やっぱり他のサービスでこういうキャッシュバックがあると、どんなときもWiFiもキャッシュバックキャンペーンが欲しいですよね。

キャッシュバックがなくても実質かなり安いし、キャッシュバックがあると条件が複雑になるから、なんともいえないですよね。

正直、キャッシュバックキャンペーンを開始したら、新規申し込みが落ち着いてきた証拠なんだと思います。

近日中に、どんなときもWiFiの担当者にお会いする予定なので、これについても聞いてこようと思います。

まとめ

どんなときもWiFiのデメリットを強引ですが12個書き出しました。

どんなときもWiFiのデメリット
  1. 契約期間が2年なので縛りがある
  2. クレジット支払いじゃないと安くない
  3. 5GHz帯が使えない
  4. レンタルなので解約時に返却しないといけない
  5. バッテリーの持ちが悪い?
  6. 液晶表示がない
  7. 端末が熱くなりやすい
  8. 海外でも使えてしまう
  9. データ制限と速度制限が無い
  10. 地下でも繋がる
  11. 人気が出過ぎている
  12. キャッシュバックが無い

どんなときもWiFiのサービスが2019年4月に開始になって、わたしも、もう3ヶ月使いました。

ハッキリ言って、悪いところを強引に見つけようと思って、思いつく限りデメリットっぽいことを書き出してみました。

この12個のデメリットの中で、注意した方が良いのは、①の契約期間についてと、④の返却しなきゃいけないことですかね。

このように、デメリットがわかって、それが許容範囲であると判断できるなら、どんなときもWiFiを気兼ねなく申し込めると思います。

デメリットが明確になれば、安心して検討できますよね。

どんなときもWiFiのデメリットは、本当にこんな感じなので、わたしはとてもおすすめですよ。

ぜひどんなときもWiFiの公式ページをチェックしてみてください。

どんなときもWiFi(芸能人有)

WiMAXもおすすめだけど...
どんなときもWiFiが話題!

WiMAXは、2年契約もできないし、3日10GBのデータ制限があります。

どんなときもWiFiは、2年契約もできるし、データ制限もありません!

どんなときもWiFiは、2019年4月に開始された新しいサービスです。

いまイチオシのモバイルWiFiサービスで、わたしも使っています!
どんなときもWiFiのデメリットが12個もあったので解説します
スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ふじもん

    Webサイトの制作や、システム開発などしながら、ブログで生きています。運用しているWebサイトは非公開ですが、数は20サイトを超えています。WordPressの講師をたまにしています。今後は動画編集を中心に活動していきたいです。