エックスサーバーでPHPのバージョンを切り替える方法

WordPressとは、PHPというプログラミング言語と、MySQLというデータベースで構築されたシステムです。

このPHPにはバージョンがありますが、あなたのPHPのバージョンはどれかわかりますか?

もしPHPのバージョンが7.0でなかったら、7.0にすることをおすすめします。

実は、このサイトも2016年1月時点で、既にPHPのバージョンを7.0にしています。

エックスサーバーなら、管理画面から簡単に、最新のPHPのバージョンに切り替えることができます。

今回はエックスサーバーの管理画面で、最新のPHPのバージョンに切り替える方法を紹介します。

PHPのバージョン

WordPressのバージョンはできるだけ最新のものにしておいたほうが良いですが、このWordPressのバージョンとは別で、PHPにもバージョンがあります。

PHP7.0 公式にサポートされているバージョンで、PHP5系やPHP4系と比較してパフォーマンスが大幅に強化されているバージョンです。

2016年1月では、エックスサーバーでも利用でき、このサイトは既にPHP7.0系にバージョンアップしています。

PHP5.6 現在公式にサポートされているバージョンです。

エックスサーバーで推奨されているバージョンです。

PHP5.5 旧バージョンです。バージョンアップの予定はなく、セキュリティーサポートも2016年7月に終了しています。PHP5.6 へのバージョン変更を推奨しています。
PHP5.4 旧バージョンです。バージョンアップの予定はありません。エックスサーバーでも、非推奨のバージョンです。

PHP5.6 へのバージョン変更を推奨しています。

PHP5.3 旧バージョンで影響の大きい脆弱性の問題があります。PHP5.6 へのバージョン変更を推奨しています。
PHP5.2 旧バージョンです。バージョンアップの予定はなく、PHP5.6 へのバージョン変更を推奨しています。
PHP5.1 旧バージョンで影響の大きい脆弱性の問題があります。PHP5.2.4以前のバージョンは、最新のWordPress(4.7)では利用できません。
PHP4系 旧バージョンです。PHP5.2.4以前のバージョンは、最新のWordPress(4.7)では利用できません。

2016年1月時点では、ほとんどの人がPHP5.6(5.6.22)を使っていると思いますが、実は最も新しいバージョンはPHP7.0で、わたしは既にPHPのバージョンを7.0にしています。

あなたが利用しているプログラムに影響がなければ、PHP7.0にすることをおすすめします。

エックスサーバーでPHPのバージョンを切り替える方法

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

「PHP.ver切替」というボタンをクリックします。

あなたが管理しているサイトの一覧が表示されるので、PHPのバージョンを変更したいサイトを選択します。

上図の選択するをクリックすると、PHPのバージョンが確認できます。

現在のバージョンを確認し、問題ないことを確認してから、バージョンを切り替えるをクリックします。

これでPHPのバージョンが切り替わります。

エックスサーバーでPHPのバージョンを切り替える参考情報

いかがでしょうか?PHPのバージョンを切り替えると、様々な改善が施されているので、PHPの処理速度も上がるでしょう。ぜひエックスサーバーの管理画面から、簡単にできるので、やっておくことをおすすめします。

それ以外にも、エックスサーバーの管理画面ではやれることがたくさんあります。

その中でも、SSL対応と、サイトの表示高速化は、ぜひやっておきましょう。

参考:エックスサーバーで独自SSL対応をする方法(Let’s Encryptの設定)

参考:エックスサーバーでサイトの高速化をする方法(mod?pagespeedの設定)

また、データベースも、できるだけ最新のバージョンで運用することをおすすめします。

参考:エックスサーバーでMySQLを新しいバージョンに移行する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です