Googleアナリティクスのレポート更新頻度を知っておく

Googleアナリティクスのデータは常に最新なのでしょうか?それとも一定期間かかるのでしょうか?有料版のGoogleアナリティクス360(旧:Googleアナリティクスプレミアム)との違いはあるのでしょうか?

クライアントや上司に報告する数値が正式なものでなかったら困りますよね。

今回は、Googleアナリティクスのデータの更新頻度について、解説します。

Googleアナリティクスの更新頻度

リアルタイムレポート

リアルタイムレポートは10秒単位で更新されています。

リアルタイムレポートは、アクセスしているページの「速報値」を生成しているので、ほぼリアルタイムで確認できます。

それ以外のレポート

基本的には24時間~48時間かかります。レポートの種類によって短いサイクルで更新されたり、やや長いサイクルで更新されますが、短いサイクルで更新されるレポートの数値は「速報値」や「暫定値」といった数値が使われているようです。

レポート生成直後の数値が、後日確認したら変わっているという現象がたまに発生しますが、これはGoogleアナリティクスの勉強会やセミナーでもよく質問があります。

ある日のデーターの更新頻度

クリックやコンバージョン数など 翌日午前3時
自動プレースメント、地域、検索語句など 翌日午前6時
オークション分析 翌々日午前4時
インプレッション シェア 翌々日午前7時
変動レポート 翌々日午前10時

※東京の時刻 参考:Googleデータの更新にかかる時間

 

藤本陽介
つまりクリックやコンバージョンは翌日の午前3時に正式な数値が確定します。

クライアントや上司に提出する正式な数値は、48時間後に作成したほうが確実です。

 

有料版Googleアナリティクスとの更新頻度の違い

通常の無料で利用できるGoogleアナリティクスは、更新頻度は24時間以上です。

有料版のGoogleアナリティクス(正式名称:Googleアナリティクス360、旧名 Googleアナリティクスプレミアム)は、4時間以内です。

参考:Googleアナリティクス サポート

藤本陽介
有料版Googleアナリティクスは月額130万円もするので、大手企業のWeb担当者や、データー分析のプロフェッショナルしか使わないと思いますが、いちおう覚えておきましょう。

 

Googleアナリティクスの更新頻度 まとめ

Googleアナリティクスのレポートの数値が確定するのは、公式的には48時間後です。それ以前のものは速報値として考えるようにしておきましょう。

Googleアナリティクスを使いこなしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
Googleアナリティクスでアクセス解析をする【完全ガイド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。