【Googleアナリティクス】アクセス流入元を確認する方法

Googleアナリティクスでは、アクセスの流入元を解析することできます。

もしあなたが、アクセスの流入元を分かっていれば、どのように集客していけば良いか、サイトの戦略のヒントを見つけることができるのかもしれません。

アクセスの流入元を把握することは、サイト運営をする上でとても大切なことです。

今回は、Googleアナリティクスを使って、アクセスの流入元を確認する方法について解説します。

Googleアナリティクスでアクセスの流入元を確認する手順

Googleアナリティクスにログインする

Googleアナリティクスにログインします。

google-analytics-realtime5

 

対象のプロパティを選択する

google-analytics-realtime4

Googleアナリティクスのアカウントおよびプロパティ一覧が表示されますので、対象のサイトのすべてのウェブサイトのデータ(もしくはAll Web Site Data)をクリックします。

googleanalytics20

この画面が表示されたら準備完了です。

これで、アクセスの流入元を分析する準備ができました。

西野ゆみ
これでアクセスの流入元を確認する準備ができたんですね。

この手順は忘れないように覚えておきます!

Googleアナリティクスでアクセスの流入元を確認する方法

google-analytics-trafficsources1

Googleアナリティクスの左メニューの集客のなかにあるサマリーをクリックします。

Googleアナリティクスの集客サマリー

google-analytics-trafficsources2

これがサイトのアクセスの流入元です。Organic Search、Direct、Social、Referralと大きく4つに分けられます。

具体的に見ていきましょう。

Organic Search(オーガニックサーチ)

Organic Searchをクリックすると、このような画面が表示されます。

google-analytics-trafficsources3

Organic Searchは、GoogleやYahooなどの検索エンジンからの検索結果から流入を表示しています。いわゆるSEO対策してアクセスを集めているといえます。

補足:(not provided)について

(not provided)とは、検索キーワードが不明の場合、表示されます。

この現象の多くは、SSL化したことにより暗号化されているためキーワード情報が取得できないために発生しているとGoogleが発表しています。

よってGoogleアナリティクスで検索キーワードからの流入確認は難しいので、Google Search Consoleの検索アナリティクスで検索キーワードの流入をチェックすることをおすすめします。

さきほど表の上に参照元というタブがあるのでクリックすると、検索エンジンの参照元も確認できます。

google-analytics-trafficsources4

この情報からもわかるように、Googleからの流入が圧倒的に多くなっています。

Direct(ダイレクト)

Directをクリックすると、このような画面が表示されます。

google-analytics-trafficsources5

Directは、URLベタ打ちや、ブックマーク、RSSからの流入を表示しています。QRコードからの流入もDirect項目で表示されます。

Social(ソーシャル)

Socialをクリックすると、このような画面が表示されます。

google-analytics-trafficsources6

Socialは、ツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアからの流入を表示しています。

補足:流入元となるソーシャルメディア一覧

    • Twitter
    • Facebook
    • mixi
    • はてなブックマーク
    • Google+
    • Feedly
    • Pocket
    • グノシー
    • Ameba
    • Naver
    • FC2
    • Pixiv
    • Blogger
    • YouTube

このようにソーシャルメディアとは思っていなかったようなものを含まれています。

Referral(リファール)

Referralをクリックすると、このような画面が表示されます。

google-analytics-trafficsources7

Referralは、あるサイトからのリンクを辿ってきた流入を表示しています。

Organic SearchやSocial以外のサイトからの流入という認識でも大丈夫です。

また、Referralには、リファラースパムといって、スパム攻撃も含まれていますので注意が必要です。

参考:Googleアナリティクスでリファラースパム対策をする(近日公開予定)

西野ゆみ
なんだか解析をやっている感じがしますね。

流入元を把握することはとても大事だというのを実感しています。

Googleアナリティクスでアクセスの流入元を確認する

Googleアナリティクスでアクセスの流入元を確認する方法はマスターできましたか?

アクセスの流入元で大きいのは、Organic Searchだと思いますが、これをしっかり分析するならGoogle Search Consoleの使い方もマスターする必要があります。サーチコンソールが分からない人はサーチコンソールを導入してみてください。

藤本陽介
Googleアナリティクスの集客サマリーを確認すれば、どういう流入元から、どれぐらいのアクセスがあるかということがわかります。

サイト運営では非常に大事なことなので、しっかり解析しましょう。

Googleアナリティクスはアクセスの流入元もわかる高機能なツールですから、しっかり使いこなせるようになりましょう。

Googleアナリティクスを使いこなしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
Googleアナリティクスでアクセス解析をする【完全ガイド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です