【Googleアナリティクス】サイト表示速度を確認する方法

Googleアナリティクスでは、サイトの表示速度を解析することできます。

 

サイトの表示速度を把握することは、サイト運営をする上でとても大切なことです。

今回は、Googleアナリティクスを使って、サイトの表示速度を確認する方法について解説します。

Googleアナリティクスでサイト表示速度を確認する手順

Googleアナリティクスにログインする

Googleアナリティクスにログインします。

google-analytics-realtime5

対象のプロパティを選択する

google-analytics-realtime4

Googleアナリティクスのアカウントおよびプロパティ一覧が表示されますので、対象のサイトのすべてのウェブサイトのデータ(もしくはAll Web Site Data)をクリックします。

googleanalytics20

この画面が表示されたら準備完了です。

これで、サイトの表示速度を解析する準備ができました。

西野ゆみ
これでサイトの表示速度を確認する準備ができたんですね。

この手順は忘れないように覚えておきます!

Googleアナリティクスでサイトの表示速度を確認する方法

google-analytics-site-speed1

Googleアナリティクスの左メニューの行動のなかにあるページの速度をクリックします。

Googleアナリティクスの「ページの速度」

google-analytics-site-speed2

表の上にページタイトルというタブがあるのでクリックしてください。ページタイトルが表示され見やすくなります。

またページビュー数順に並んでいるので、「ページビュー数」から「平均読み込み時間(秒)」に変更してください。上図の赤枠部分です。

そうすると上図のようにページの読み込みが遅いページが表示されます。

わたしのページの読み込みが一番遅いページはなんと54秒もかかっていたようです。

ページの表示速度が4秒以上だと、ユーザーは離脱してしまうといわれている中で、54秒は致命的ですね。そもそも平均読み込み時間も、7.86秒となっています。これは早急に改善が必要です。

補足:表示が遅いページの特徴

わたしの表示が遅いページを確認したところ、動画ファイルを埋め込んでいるページでした。

またGoogleマップを10枚以上埋め込んだり、写真を多く使うと、表示が遅くなる傾向があります。

サイトの表示速度を改善する

無料で使えるツール 『GTmetrix』でWordPressサイトをスピードアップする方法

2016.10.23

サイトの表示速度が検索ランキングに影響するとGoogleが公表していますから、表示速度を改善しましょう。GTmetrixがおすすめです。

サイト表示速度計測ツールGTmetrixを使って改善する方法がおすすめです。

Googleアナリティクスでサイトの表示速度を確認する まとめ

Googleアナリティクスでサイトの表示速度を確認する方法はマスターできましたか?

サイトの表示速度はサイトの運営において非常に大切なポイントです。定期的にチェックしましょう。

藤本陽介
またサイトの表示速度が4秒以上かかっているときは、サイトの表示速度のスピードアップを参考に、改善してみてください。

Googleアナリティクスは、サイトの表示速度がページ毎にわかる高機能なツールです。これが無料で使えてしまいます。しっかり使いこなせるようになりましょう。

Googleアナリティクスを使いこなしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
Googleアナリティクスでアクセス解析をする【完全ガイド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。