【検索流入を調べる方法】Googleアナリティクスの検索クエリとは?

Googleアナリティクスでは、Googleサーチコンソールと連携すると、検索クエリを解析することできます。

どのような語句で検索されているか把握できていれば、サイトの戦略のヒントを見つけることができるのかもしれません。

今回は、Googleアナリティクスを使って、検索クエリを確認する方法について解説します。

検索クエリとは?

検索クエリとは、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンを使って入力した語句(単語、フレーズ、複合語など)を意味します。

様々なキーワードの組み合わせが検索クエリといわれているので、キーワードと考えても差し支えありません。

検索クエリの参考例

例えば、この「fujimotoyousuke.com」は、以下の語句で検索されています。

google-analytics-searce-query1

わたしのサイトなので、「藤本陽介」で検索されていますね。

それ以外に、水天宮のお守り、庭の湯、モールオブアジアという検索クエリで、検索したユーザーがこのサイトにアクセスしてくれています。

補足:not setについて

not setは検索エンジンが詳細な情報を得られなかった時に表示されるので、その他と考えて問題ありません。

検索クエリを把握するメリット

検索クエリとは、Googleにインデックスされている語句です。一般的な常識として、Googleに多くインデックスされたほうが良いです。

頭の回転が速い方はお気づきかもしれませんが、検索クエリが増えれば、検索流入も増えることになります。

このようなアクセスは「Organic Search」ともいわれ、サイトに安定したアクセスを確保できます。

藤本陽介
では、さっそく検索クエリを把握しましょう。

Googleアナリティクスで検索クエリを確認する方法を解説します。

Googleアナリティクスで検索クエリを確認する方法

Googleアナリティクスにログインする

Googleアナリティクスにログインします。

google-analytics-realtime5

 

対象のプロパティを選択する

google-analytics-realtime4

Googleアナリティクスのアカウントおよびプロパティ一覧が表示されますので、対象のサイトのすべてのウェブサイトのデータ(もしくはAll Web Site Data)をクリックします。

 

検索クエリを選択する

google-analytics-searce-query2

Googleアナリティクスの左メニューの集客の中のSearch Consoleの中にある検索クエリをクリックします。

西野ゆみ
わたしの画面はこうなってしまいました。

google-analytics-searce-query3

これは、どうすれば良いですか?

藤本陽介
GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携ができていないと、その画面が表示されます。GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを連携させてください。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携をする

上位の検索クエリを確認する

google-analytics-searce-query4

検索クエリでは、デフォルトで上位10位の検索クエリが表示されます。

クリック数

クリック数はGoogle 検索結果ページでウェブサイトがクリックされた回数です。

デフォルトではクリック数が多い検索クエリ順で表示されています。AdWords広告のクリック数は含まれません。

表示回数

google-analytics-searce-query5

表示回数は、サイトのURLが検索結果に表示された回数です。

これもAdWords広告の表示回数は含まれません。

クリック率

クリック率は、表示回数(インプレッション数)のうち、クリックされた割合です。

CTR(しーてぃーあーる)と略されることもあります。

平均掲載順位

特定の検索クエリに対する、サイトの平均掲載順位のことです。

サイトの掲載順位がある検索クエリでは 3 位、別の検索クエリでは 7 位だった場合、平均掲載順位は 5 位((3+7)÷2)と表示されます。

藤本陽介
まずは、上位10位くらいは毎週チェックするクセをつけましょう。

ワンポイントアドバイスですが、ここのクリック率が低かった場合は、記事のタイトルやディスクリプションを変更してみると良いかもしれませんよ。参考にしてみてください。

検索クエリを確認する(応用)

google-analytics-searce-query9

このサイトは2702検索クエリがGoogleにインデックスされていることが分かります。

これはGoogleサーチコンソールでも簡単に分からない数値です。覚えておきましょう。

また、検索クエリの表の下に表示する行数があります。デフォルトでは10に設定されていますが、これは5000にすることができます。これを5000にしてしましょう。

次に、下図の赤枠部分をクリックしてみてください。

google-analytics-searce-query7

そうすると、検索クエリが一覧で表示されます。

google-analytics-searce-query8

検索クエリが一覧で確認することができます。

これは、Googleサーチコンソールには無い機能です。

一応覚えて置いて損はないので、チェックしてみてください。

Googleアナリティクスで検索クエリを確認する まとめ

Googleアナリティクスで検索クエリを確認する方法はマスターできましたか?

どのような語句で検索されサイトに流入しているかを把握することは、サイト運営をする上でとても大切なことですから定期的にチェックしましょう。

いずれにしてもGoogleアナリティクスしっかり使いこなせるようになりましょう。

Googleアナリティクスを使いこなしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
Googleアナリティクスでアクセス解析をする【完全ガイド】

藤本陽介
検索に関しては、Googleアナリティクスの検索クエリより、Googleサーチコンソールでしっかりチェックするとより詳細な情報を確認することができますよ。

もしよければこちらの記事もチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。