Googleアドセンスの新型広告はおすすめ!ページ単位の広告の設置方法

Googleアドセンスでもっと収益化したい人は、Googleアドセンスの新しい広告の「ページ単位の広告」を設置してみましょう。

ページ単位の広告とは、モバイルのアンカー広告と全画面広告のことです。いままでのGoogleアドセンスの広告とはちょっと性質が違います。

今回は、Googleアドセンスのページ単位の広告について説明します。

ページ単位の広告

ページ単位の広告とは、Googleアドセンスの新しい広告フォーマットです。headタグに広告コードを追記すると、Googleアドセンスがこれまで蓄積してきたロジックに基づき、ページ単位で広告を表示させるというものです。

WordPressの場合、設置はheader.phpに、該当の広告専用コードを追記するだけで、利用することができます。広告の表示を有効にしたり無効にするのは、Googleアドセンスのページ単位の広告メニューで簡単に切り替えることができます。

またGoogleアドセンスは、1ページに3箇所まで設置できるというルールがありましたが、このページ単位の広告は、これに含まれないので、純粋に広告枠を増やすことができるというものです。

ページ単位の広告のアンカー広告と、全画面広告について、もう少し説明します。

アンカー広告

アンカー広告は、スマートフォンの下に表示される広告です。よく無料アプリのゲームの下に表示される広告ですね。ユーザーが邪魔だと思ったら、ユーザー自身がワンクリックで隠すこともできます。

全画面広告

全画面広告もスマートフォンで表示される広告です。これは、ページ内のリンクをクリックしたときに、数回に一回程度、全画面をジャックして、Googleアドセンスが判断したユーザーにおすすめの広告を表示してくれるものです。

ページ単位の広告の設置手順

ページ単位の広告の設置は、5分もあれば設置できます。ここから手順を解説します。

まず、Googleアドセンスの管理画面にログインします。

管理画面左メニューの広告の設定の中にあるページ単位の広告をクリックします。

画面下にコードを取得できるボタン(上図の赤枠)があるのでクリックし、コードを取得してください。

 

そのまま、あなたのサイトのheadタグ内に、そのコードを貼りつけてください。

WordPressサイトの場合は、header.phpファイルの</head>タグの直前に貼りつけます。

FTPソフトを使えない方は、WordPressの管理画面でもできます。

WordPressの管理画面の左メニューの外観に、テーマの編集があるので、それをクリックし、画面右側に表示されているテンプレートの中から、テーマヘッダー(header.php)を選択します。

このように、</head>の直前に、さきほどのGoogleアドセンスで取得したコードを貼りつけてファイルを更新をクリックします。

ページ単位の広告の表示確認方法

スマートフォンで、あなたの運営するサイトを表示させ、そのURLのあとに#googleadsを追加して表示させてください。

そうすると、「ANCHORS」(アンカー広告)「VIGNETTES」(全画面広告)を選択でき、それぞれを確認できます。

このように左側がアンカー広告で、右側が全画面広告です。

このように、実際に端末でチェックできます。

あとは、広告の有効と無効の切り替えを、Googleアドセンスの管理画面でステータスを切り替えるだけで設定完了です。

まとめ ページ単位の広告

あなたのサイトをより収益化したいのであれば、Googleアドセンスのページ単位の広告はぜひ設置することをおすすめします。

ルールに厳しいGoogleアドセンスですが、このページ単位の広告は、広告枠の設置数の上限に関係しません。

あとはユーザー視点で、設置すべきか、設置しないかはあなたの判断次第です。

わたしの場合は、特に全画面広告がクリック率もよく、収益化に貢献しています。

ぜひGoogleアドセンスのページ単位の広告を設置してみてください。

Googleアドセンスをマスターしたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
→Googleアドセンスの収益化【完全ガイド】

Google アドセンスの収益化のやり方【完全ガイド】

2016.12.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です