【初心者向け】エックスサーバーにWordPress(日本語版)を自動インストールする方法

初心者の方がWordPressのサイト構築をするための初期設定の最終段階まできました。

今回は、エックスサーバーにWordPressを自動インストールを解説します。

 

亀井セイイチ
今回は前回のサーバーにネームサーバーの設定が反映できたあとの、WordPressのインストールを教えてもらえるんですよね。

あっという間でしたけど、なんだか楽しいです!
藤本さん、今回もよろしくお願いします!

 

これからWordPress(日本語)を自動インストールする人

voice_seiichi_pro
名前:亀井セイイチ(仮名)

仕事:大手広告代理店
年齢:40才

大手広告代理店で企業のブランディングやCM制作などを担当してきたが、最近インターネット広告の知識をつけていかないとマズイと危機感を持っている。

自分でWordPressサイトを構築するため、藤本に個人コンサルで教わることにした。今回は前回、ネームサーバーの設定が反映できたサーバーにWordPressをインストールする方法を学ぶ。

 
確認
今回のエックスサーバーにWordPressを自動インストールする方法は以下が完了していることが実施できる条件です。

 

これからWordPress(日本語)を自動インストールする方法を教える人

voice_fujimotoyousuke
名前:藤本陽介(本名)
仕事:インターネット関連
年齢:37才

このサイトを運営している本人。WordPress関連書籍「WordPressの教科書」執筆や、WordPress関連のセミナーをいくつか経験したことがある。

WordPressに関しての質問をたくさんもらっているので、ここで紹介しようと思ってこの記事を書いている。

 

 

藤本陽介
セイイチさん、WordPressのサイト構築で初心者がつまづく部分の最終段階ですよ。これが終わればあとは楽しい設定ばかりですからがんばりましょう。

今回はエックスサーバーにWordpressをインストールします。

データベースを別に生成して、FTPサーバーでWordPressのファイルをサーバーにアップロードする方法は、少しWordPressに慣れてからでも遅くないですし、このタイミングで教えても理解できないと思いますので、今回はエックスサーバーが用意している自動インストール機能を使います。

ポイントを抑えて教えていきますので、がんばりましょう。

 

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

xserver33

エックスサーバーのサイトを表示させて、ログインしてください。

 

xserver34

インフォパネルにログインできたら、そのまま赤枠のサーバーパネルにログインしてください。

 

xserver41

サーバーパネルの左下に「設定対象ドメイン」という項目があります。そこであなたが追加したドメインを選択し「設定する」をクリックしてください。

そのあとに、サーバーパネルの赤枠で囲っている部分の「自動インストール」をクリックします。

 

xserver42

自動インストールの画面が表示されたら、赤枠で囲っている「プログラムのインストール」を選択してください。

そのまま上図のように、プログラムの中に「WordPress 日本語版」があるので、その「インストール設定」をクリックしてください。

 

サイトの情報入力

xserver43

以下にポイントを解説していますので、じっくり読んで情報を入力してください。

インストールURL 上図のオレンジ部分は、今回は空白で問題ありません。
この欄はサブディレクトリにWordPressをインストールするときに入力するところです。
ブログ名 運営するブログ名を入力します。あとで変更も可能です。
今回はサンプルとして「表参道ブログ」と入力します。
ユーザ名 好きな英数字を組み合わせて入力してみてください。
adminなどはセキュリティを考慮し極力さけてください。
今回はサンプルとして「omotesando517」と入力します。
パスワード できるだけ強固なものにしてください。
推測されやすいものはセキュリティレベルを下げます。
パスワード生成ツールなどを使うのも有効な手段です。
メールアドレス WordPressのアップデート情報や、WordPressのパスワードを忘れてしまったときなどに使います。
受信可能なメールアドレスを入力してください。
データベース 自動でデータベースを生成する」にチェックを入れてください。

上記を入力したら、「インストール(確認)」をクリックします。

亀井セイイチ
わたしはこれから表参道に関するサイトを立ち上げたいと思っているので、とりあえず表参道ブログという名前にしておきます。

パスワードはあまり複雑なものにすると忘れちゃいそうですけど、アドバイスどおり推測されにくいものを設定します。

 

藤本陽介
パスワードはセキュリティでとても大事なことです。いくらセキュリティを気をつけていろいろ対策をしたとしても、ここで設定するパスワードが推測されやすいものなら、意味が無いので本当に注意してくださいね。

もし以下にパスワードにしている人がいたら変更しましょう。推測されやすいパスワードの代表例です。

  • password
  • 1234
  • 123456
  • 12345678
  • qwerty
  • abc123
  • iloveyou
  • adobe123
  • welcome
  • master
  • starwars
  • passw0rd
  • football
  • baseball
  • sakura

もしこれにしている人、いますぐ変更してください。

 

亀井セイイチ
あわうぇありゃー。(驚)
自分の誕生日とか電話番号にしなければ良いと思っていたけど、そういうことでもないんですね。

あらためてパスワードは、推測されにくいものを設定するようにします!

 

サイトの情報確認

xserver44

問題なく入力できていることを確認したら、「インストール(確認)」をクリックします。

 

WordPressの自動インストール

xserver46

この画面であなたのサイトの重要な情報の最終確認ができます。赤枠「MySQLデータベース名」と青枠「MySQLユーザー名」とオレンジ枠「MySQLパスワード」は、WordPressの初期設定と、WordPressサイトでトラブルがあった時に扱うとても重要な情報です。

また、緑枠「ユーザ名」と紫枠「パスワード」は、WordPressの管理画面のログイン時に毎回使うログイン情報です。特にパスワードは推測されにくい強固なものにしておく必要があります。これは定期的に変更してセキュリティレベルを維持するようにしてください。

画面最下部に「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内のindex.htmlが削除されます。ご注意ください。」が表示されますが、これはサーバーに何もファイルが無いときに表示されるHTMLファイルなので削除して全く問題ありません。

インストール(確定」をクリックしてください。

 

WordPressの自動インストール完了

xserver47
藤本陽介
さきほどの入力した情報が表示されます。この画面が表示されたら、あなたのサーバーにWordPressが無事インストールされたということになります。

セイイチさん、お疲れ様でした。

上図赤枠の「サイトURL/wp-admin」はWordPressサイトの管理画面表示URLです。さっそく表示させてみてください。

 

亀井セイイチ
あれ!?もうインストールできてしまったんですか!?
あっという間でしたね!

(本当にインストールできているのかな?)

 

WordPressサイトのインストールが正常にできているか確認

xserver51

あなたのWordPressサイトの管理画面は「サイトURL/wp-admin」で表示されます。このように表示されたら、あなたが先程設定したWordPressのユーザ名とパスワードを入力してみてください。

WordPressの管理画面が表示されない場合
ここで良くあるのが、初心者は管理画面が表示されない場合が多発します。これまでわたしがお伝えしたとおりにやれば、必ず管理画面が表示されるはずなのですが、表示されない場合は以下を参考に調査してみてください。

500エラー(もしくはデータベース接続エラー)
.htaccessの記述エラーか、wp-config.phpのエラーが考えられます。自動インストールではなく「作成済みのデータベース」を利用して、入力をミスしていることが考えられます。

404エラー
取得したドメインをサーバーのネームサーバー設定をして反映されていない場合に表示されることが考えられます。

 

藤本陽介
これまで100人以上(オンラインセミナー含めると2000人以上)にWordPressのインストールを教えてきましたが、今回紹介したやり方をそのまま忠実にやれば、エラーになることはないはずですから、もしWordPressの管理画面が表示されていなければ、もう一度わたしの解説を読み直してみてくださいね。

 

亀井セイイチ
わたしはなんとか管理画面が表示されました。

ふー、よかった。
(藤本さんってそんな多くの人にこれを教えていたんだ。どおりで初心者がミスしやすいポイントを的確にわかっているわけだ。)

 

WordPressの管理画面にログインしてみる

xserver52

WordPressの管理画面に設定した、「ユーザーID」と「パスワード」を入力して、ログインをクリックしてください。

 

ログインすると、管理画面が表示されます。

xserver55

これがWordPressの管理画面です。この画面でこれからサイトを編集していきます。

とりあえずいまのサイトを表示させてみてください。管理画面の左上の赤枠部分をクリックするとサイトが表示されます。

xserver54

2016年11月時点では、WordPressのデフォルトテーマは『Twenty Sixteen』というテーマが表示されるようになっています。これを他のテーマに変更することによって、あなたのサイトは劇的に見栄えが良くなります。

もしテーマがわからなければ、こちらでおすすめのテーマを紹介していますので参考にしてみてください。
おすすめWordPressテーマ「ストーク(stork)」がすごい7つの理由

WordPressのおすすめテーマSTORK(ストーク)がすごい7つの理由

2016.10.09

 

亀井セイイチ
いやー、データベースとかネームサーバーとかドメインとか、実はあまりわからない言葉がバンバンできてヤバイと思いましたが、なんとかできて良かったです!

これでWordPressの初期設定は完了しましたけど、これからがサイト作りですよね!

今後はテンプレート(WordPressではテーマという)を変更したり、プラグインで機能を付け加えたりしたいので、またいろいろ教えてください!とりあえずおすすめしてくれた「stork」というテーマ、いろいろチェックしてみます!

 

まとめ  エックスサーバーにWordPresを自動インストールする

いかがでしょうか?今回お伝えした内容は、わたしがこれまでやっていた初心者向けのWordPressセミナーでお伝えしていることを、まとめて記事にしたものです。

解説したとおりの環境と手順でやればできるはずなので、できなかった方はもう一度この記事を熟読してみてください。

また今回はエックスサーバーというWordPressユーザーの評判が良いサーバーでの設定方法を紹介しましたが、マイクロソフトの「マイクロソフトAzure」というクラウドサーバーに設置する方法を、わたしがスクーというオンライン動画で解説しているのが無料でチェックできるようです。

オンライン動画サイト「スクー」 :WordPressでブログサイト制作実習
もし他の環境でもやってみたい方は3年前の動画ですが、チェックしてみてください。

WordPressの自動インストールに成功した方は、これでサイトオーナーになることができましたね!これからは、良いコンテンツ(記事)をどんどん追加して、多くの人にあなたのサイトを見てもらえるようにがんばってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。