【立ち食い焼肉】上野の『房家』に行ってきた

上野をトボトボ歩いていると、こんな看板が。

「一人でホルモン 何が悪い」 これを見た私は、完全同意しました。

お肉が足りていないので、気合いを入れるためにも、一人焼肉してきました。

房家はぜひ一度挑戦する価値があるお店なので紹介します。

上野の立ち食い炊き肉『房家』

yakiniku01

房家の場所

上野と御徒町の間にあります。住所は、東京都台東区上野6-6-6です。

JR上野駅から5分、JR御徒町駅からも5分ぐらいです。国道4号線沿いにあるので比較的行きやすいお店です。

房家の営業時間と連絡先

営業時間は、昼の営業は11:00~15:00、夜の営業は17:00~23:30です。

電話は
03-6806-0467
です。

わたしがこの見せに行ったのは、夜8時ごろでしたが、ひとり焼肉していた人ばかりでした。

房家の特徴

yakiniku09

このお店の特徴は、1階が立ち食い席で、2階がテーブル席になっています。

あの、せっかくだから、ここは立ち食いにしましょう。

たくさんの人がいたので写真は撮れませんでしたが、おじさんばかりと思いきや、全然違います。20代後半の女性がさみしく、一人で立ち食い焼肉していました!

もう一度大事なことだから言います。

20代後半の女性がさみしく、一人で立ち食い焼肉していました!

いやー、日本も変わりましたね。

ここで声をかけると思いきや、その女性すぐ帰っちゃったので、声かけられなかったです。

立ち食い焼肉を体験してみた

yakiniku03

さて、安定のコーラと、ハチノス、とうがらし、中落ちバラを注文しました。いやー、マジでここのホルモンおいしいですよ!

特にハチノス、この写真で言うと白い肉なんですが、わたしコレ好きです。

ハチノスは、蜂の巣のような網目がある、牛の胃で、独特の歯ごたえがあります。中国料理やイタリア料理でよく使われています。

というか、食べるのに夢中になりすぎて、肉を焼いたアップの写真が1枚も無い。。。

注文したもの

わたしが注文したものは以下です。

  • とうがらし 260円
  • ハチノス 400円
  • 中落ちバラ 550円
  • のどぶえ 350円
  • あご 350円
  • 丸腸 450円
  • コーラ 300円

これで2660円です。

房家のホルモンメニュー

yakiniku04
メニューはこんなにたくさんあります。

わたしがオススメなのは、ハチノスのどぶえあごですね。

ハチノスは、独特の歯ごたえが良いです。栄養もあって柔らかい部位なので、経験したことない人はぜひ挑戦して欲しいです。

のどぶえは、豚ですが、上軟骨と呼ばれ、1匹あたり少ししかとれない希少部位です。コリコリ感と深い旨みがあり、オススメですね。

あごは、牛の顎肉で、これもまた独特な歯ごたえがたまりません。軟骨ではなく赤身の肉で、噛めば噛むほど深い旨みがあるオススメの部分です。

房家はおすすめの焼肉屋

yakiniku01

ひとり焼肉は得意だったんですが、この立ち食い焼肉は初めての経験でした。

わたし1時間ぐらいいましたが、会計は2,660円でした。めっちゃ安い!

ぜんぜん一人でいって恥ずかしくないですし、案外、出会いの場として、オススメかもしれません。

ぜひ近くに行ったら、ちょっとチェックしてみてください!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です