Webの力を借りて、何かを成し遂げてみたかった

プライム・ストラテジー株式会社に入る前

わたしは新卒でファーストリテイリングに入社し、20代はユニクロで店長やマーチャンダイジング(商品開発)などをしていました。当時「Web2.0」という言葉を知ったり、堀江貴文さんや藤田晋さんのようなIT事業家に憧れ、自分自身もWebに力を借りて、何かを成し遂げてみたい。と思い社内公募でユニクロのEC担当(uniqlo.com)を2年経験し、その後退職。インターネット広告などを経験した後、2013年2月に入社しました。

現在

WordPressはPHPというプログラミング言語で構成されているのですが、当時はPHPどころか、HTML、CSSさえもよくわからない状態でした。ただ何かを成し遂げたいという気持ちは、とても強かったので、とにかく勉強し、経験を積むことに必死でした。気づけばAmazon書店で総合1位になってしまった書籍の執筆や、最近ちまたで話題のschoo( https://schoo.jp/teacher/185 )で数回登壇をさせていただくなどし、自分自身にある程度の力がついていることに驚きもしました。
いまはエンジニアの現場から若干離れてしまいましたが、営業や開発、人事などの責任者として経営に携わりながら、2014年9月からインドネシアのジャカルタに拠点を移し、インドネシア法人の責任者も兼任しています。

プライム・ストラテジー株式会社について

わたしが入社してから、社内の雰囲気はかなり変わったと思いますが、技術力という面においては、他のWeb制作会社よりも技術力は相変わらず高いと感じています。これは代表取締役の中村がプログラミングができる経営者であり、また最高技術責任者の大曲はWordPressの神様と呼ばれるぐらいコミュニティからの信頼があることが大きいと思います。
ただ逆に、営業力や組織力という点では、課題が多く、いままさにテコ入れをしていますが、ベンチャー企業らしい雰囲気というか、これからこの会社はどんどん良くなっていくんだ。という状況なので、やりがいをとても感じています。

今後どういうことをしていきたいか

弊社は「WordPress」の会社と思われていることに関しては、ある意味成長分野で一定以上の成果が出せているからこそ、市場から受け入れられていると思うのですが、これからはWordPress以外の事業やサービスの柱を創っていかないといけないと思っていますし、まさしくいまその真っ最中です。
私自身は成長著しいインドネシアで、マーケットの開拓をしていますが、あと数年後には、プライム・ストラテジーはWordPressの会社と呼ばれるのではなく、アジアを代表するWebのプロフェッショナル集団と呼ばれるように、優秀な人材がたくさん集まって、Webの力を借りて、何かを成し遂げたいと思っています。

想うこと

いま流行のWantedlyにてインタビュー記事を、備忘録としてブログにも書きました。わたしは、いまジャカルタにいますが、これまでの事業会社でのキャリアや、プログラミングの知識は、正直ほとんど役に立たないというか、これらを自分の最大の武器にしてたら、過去にしがみつくダサいおっさんだと感じています。
Webの力を使って、何かを成し遂げたい。この想いを忘れずに、初心を忘れず、常にインプットアウトプットを意識してがんばっていこうと思います。

もし一緒に働いてみたい!と思う方がいらっしゃったら、ぜひぜひ連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です